平成19年度共同実施指定校連絡協議会


 共同実施指定校連絡協議会が、2月5日(火)栃木県学校生活協同組合会館において開催されました。

あいにくの曇り空です。 資料を受け取る発表者の皆さん
開会の挨拶をする大橋栃事研会長 栃木県教育委員会 大島管理主事様より御講話をいただきました。(詳しくはページの一番下をご覧下さい)
会場も緊張感十分です。 3つの班に分かれ協議が行われました。
座長を中心にテーマに沿った意見交換がありました。 地区・世代を越えて意見交換がなされました。
まとめの会では、各座長から各班での話し合いについて報告がありました。 各班の報告を聞く参加者の皆様

栃木県教育委員会教職員課 副主幹兼指導主事 大島様 より御講話をいただきました。
 講話の大筋として
 共同実施には
 @指定校と連携校との連携
 A地教委との連携
 B教員の事務処理についての負担軽減
 C事務処理の効率化
 という4つのキーワードがあります。
 学校には教員以外にいろいろな職種の人が勤めていますが、子どもたちにとって学校が
 どうすればよいかという視点で共同実施を推進していただきたいと思います。 

 共同実施指定校の皆様には、お忙しいところにもかかわらず、資料等の準備をいただきありがとうございました。