平成20年度栃事研セミナー

5回栃事研セミナーが、17日(月)に宇都宮市 とちぎ福祉プラザ において開催されました。講師に宇都宮市立泉が丘小学校副校長 大網 信祥 様をお迎えし、「学校事務職員に期待すること」と題した御講演では、私たち学校事務職員も教頭職と同じように、学校という組織の一員として学校全体を見通し、明確な目標を設定し職務に遂行することの大切さ、そしてそのことが学校経営への参画や人材育成にも繋がっていくということを教えてくださいました。

また、誰でも学校内外において助言的支援者(メンター)によって支援を受けているという事実に気付き、単数配置とは言っても、学校という組織の一員として誇りや自覚を持って欲しいし、事務職員の先輩から受けた職務や心構えを、後輩(メンティー)に是非継承して欲しいと、私たち学校事務職員にエールを送ってくださいました。

会場・とちぎ福祉プラザ多目的ホール前の様子です。 年始の忙しい時期にもかかわらず、たくさんの方に参加していただきました。受付も大忙しです。
開会式が始まりました。いよいよ、栃事研セミナーが始まります。 開会式であいさつする大橋会長

栃木県教育委員会事務局教職員課副主幹兼管理主事 大島 政春 様よりあいさつをいただきました。

講演をする宇都宮市立泉が丘小学校副校長
 大網 信祥 様
ホワイトボードを利用した、わかりやすい説明でした。 事前にいただいた質問にも丁寧にお答えいただきました。
参加者のみなさまの様子。熱心に聞き入っていました。 木下副会長による謝辞
アンケートに御協力いただきまして、ありがとうございます。いただいたアンケートは次年度以降へと活かしていきます。
 
今回の栃事研セミナーへの御協力、ありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。研修部といたしましては、これからも会員の皆様により充実した研修の場を提供できるよう、活動をしていきたいと思います。今後とも、よろしくお願いします。