平成22年度 新加入会員等研修会
 
 8月10日火曜日、宇都宮市の県学校生協会館において、今年度新たに採用・臨時採用となった方々を対象に研修会が開催されました。
 参加者は新規採用者12名、臨時採用者14名。栃事研執行部による活動・概要説明のほか、採用2年目の先輩事務職員3名から採用後1年間を振り返っての体験発表がありました。
 その後、執行部や事務局員等も交えて4つのグループに分かれ、意見・交換情報交換が行われました。「あなたが抱えている問題と解決のために努めていること」をテーマに、それぞれの勤務校の様子や仕事をすすめるうえでの悩み、疑問などが話し合われました。
〜受付風景と、参加者のみなさん〜

 会長あいさつ、オリエンテーションでの研修内容説明と執行部役員自己紹介の後、栃事研の沿革、活動目標や概要の説明がありました。
【採用2年目の先輩事務職員3名の体験発表】

「宿題は溜めないのがモットー」


「ひたすらメモをとることで能率も上がる」
「1人職だからこそ自分にしかできない仕事になる」
 〜休憩後、グループでの意見交換〜
       自己&勤務校紹介からだんだん打ち解け、失敗談披露に笑い、日々の不安に共感。
       先輩からのアドバイスに聞き入り…。
       先輩諸氏にとっても初心に帰り、新鮮な気持ちを思い起こす機会となったはず。
最後にアンケートを記入して解散。おつかれさまでした!!    
↑アンケート結果は、このレポートと同じ“概要と活動”のページに
  掲載してあります。

 4月の採用以来、ほとんどが1人配置という職場環境で、みなさん不安や悩みをいだきながら過ごしてきたことと思います。今回の研修では、講話を聴くだけや同期どうしでのグループ討議ではなく、大先輩から昨年度採用の先輩まで、各世代の事務職員仲間と意見を交わすことで、それらの不安などが少なからず解消されてでしょうか。この機会を今後に向けての有意義なものとしていただければありがたいです。来年度の体験発表を楽しみにしています。
※新加入研修会の記録、体験発表資料はコチラをクリックしてください。