鑁 阿 寺(ばんなじ・足利氏宅跡)(足利市)

 鑁阿寺は、足利氏2代目義兼が建久7年(1196)に邸内に持仏堂を建て、守り本尊として大日如来を祭った
のが始まりで、三代目義氏が堂塔伽藍を建立し足利一門の氏寺とされました。
 大日如来を守り本尊としているところから、市民には『大日様(だいにちさま)』として親しまれています。
 境内の大銀杏は”とちぎ名木百選”にも選ばれており、秋には見事な黄葉が楽しめます。

足利市観光協会のホームページはこちら http://www.ashikaga-kankou.jp/

太鼓橋と山門 樹齢550年の大銀杏
七五三のお参りに来ています お堀に架かる太鼓橋
参道と本堂 太鼓橋からみたお堀 大銀杏(11月3日撮影)
境内には児童公園があります 鳩を追いかけて遊ぶ子どもたち
黄葉の大銀杏(11月21日撮影)。春には枝垂れ桜も見事な花を咲かせます