日光の滝

 「日光四十八滝」(あるいは七十二滝)と呼ばれるほど日光は滝が多いところです。この中でも代表的な滝を紹介します。

 華厳の滝

 中禅寺湖の流出口にある、高さ97mの滝。岸壁を水しぶきをあげて一気に落水する豪快さと、自然が作り出す華麗な造形美の両方をあわせ持ち、日本三大名瀑のひとつにあげられる。日光市役所ホームページより

 
華厳の滝は観瀑台から見てもすばらしいですが、中禅寺湖から流れ落ちる様を一望できる明智平展望台からの眺めも絶景で、お勧めポイントとして一見の価値があります。(下の写真)
 
 
  明智平から男体山を見る  明智平展望台へ向かうロープウェイ(小さいです。)
  
滝壺の観瀑台からの華厳の滝
 
  上部観瀑台からの華厳の滝 
   
 竜頭の滝

 奥日光三名瀑のひとつ。湯ノ湖から流れ出た湯川が、中禅寺湖に注ぐ手前で、男体山噴火による溶岩の上を210メートルにわたって流れ落ちている。滝壷近くが大きな岩によって二分され、その様子が竜の頭に似ていることからこの名がついたといわれる。春と秋には、周辺のツツジ、紅葉も美しい。
   
   (社)日光観光協会オフィシャルサイトより

 この滝の良さはなんと言っても、間近に滝を見ながら散策できることだと思います。途中のベンチに座りながら春のツツジや新緑、秋には紅葉を眺めるも良し、疲れたら滝見茶屋でお茶をするのも良いでしょう。
 
 滝見茶屋から  竜頭の滝中間部の流れ
 滝の中間部から上流を見る  滝上部から下流を見る奥に見えるのは中禅寺湖
   
  湯滝

 華厳の滝、霧降の滝とともに日光五名爆のひとつに数えられてる滝。岩肌を、末広がりに滑るように落ちてくる姿はとても優雅。展望台を降り、滝壷に近づけば、滝が自分に迫ってくるようで迫力満点。ほかにも、滝の真横や滝上にも観瀑台があり、いろんな角度から滝を楽しむことができます。観光名所らしく、いつも観光客でにぎわう滝です。 マピオン>日本の滝100選特集より

 
落差60mのこの滝は、滝の落ち口から滝壺を見ることができます。落ち口から滝の下まで滝の横に沿って歩いて下りることができ、滝を真横から見ることができます。竜頭の滝より傾斜があるので、より滝としての実感があります。
 
 
日光湯本ビジターセンター
   
夏の湯滝   冬の湯滝
   
  霧降の滝

 古くから華厳ノ滝、裏見ノ滝とともに日光三名瀑の一つに数えられている。霧降川にかかる滝は上下2段になっていて、上段が25メートル、下段が26メートル、高さは75メートルある。下段の滝が、まるで霧を降らせるかのように水が岩に当たり、飛び散って流れ落ちる。その様子から、この名がついたといわれる。
 
 滝の正面に観瀑台があり、そこから全容を眺められ、その全景は圧巻である。周囲の景観と溶け合った滝の姿は新緑から紅葉まで楽しめるが、とりわけ10月中旬〜下旬の紅葉の時期がすばらしい。

 (社)日光観光協会オフィシャルサイトより

 観瀑台までの道はよく整備されているので子ども連れでも行くことができます。観瀑台までは駐車場から約300mです。
 20年ほど前この滝を訪れた時は滝壺まで歩いて下りることができましたが、台風によって道がくずれて危険なため、現在は行くことはできなくなってしまいました。
   
 観瀑台への道は整備されています。 しかし雨が降った後などは滑ることがあるので注意してください。 観瀑台は木で作られたテラスになっています。 
   
 霧降の滝全景  下段の滝
  隠れ三滝

  霧降の滝上流に隠れ三滝という三つの滝があります。あまり名前は知られていませんがそれぞれ趣がある滝です。霧降の滝の駐車場から奥に進むとハイキングコース入り口があり、このハイキングコース沿いに40〜50分歩くと3つの滝を見ることができます。
  隠れ三滝コースガイド(ペンションはじめのいっぽさんの三滝巡りPDFです)
 
 ハイキングコースでは見ませんでしたが、近くの霧降高原道路で野生の猿4頭ほどを見ました。車がすぐ横を通ってもゆうゆうとしてました。猿に注意する必要があるように思います。
 ハイキングコースはこの先大山を通り霧降スキー場まで続いていますが、帰りは来た道を戻るのがよいでしょう。
   
 丁字の滝  丸太の橋
   
 このように案内板はたくさんあります。  渓流沿いの道
   
玉簾の滝  林間の道 
 上の玉簾の滝の写真は観瀑台から撮影しました。観瀑台と言っても、周りの木や雑草が多く滝はよく見えません。滝の下近くまで行けるのかもしれませんが、水が多く断念しました。
 
   
 渓流の風景(奥入瀬みたいだと思いました。)  マックラ滝
  マックラ滝まではアップダウンもそれほどきつくありません。3つの滝はそれぞれ趣がありよい滝ですが、特にマックラ滝は落差30メートルあり、なかなか迫力を感じました。前日までの雨のために水量が多かったこともあるかもしれません。マックラ滝という変な名前ですが、周囲が木々でうっそうとした場所のため、この名前がついたと言われています。
 
  裏見の滝  場所はここをクリック

 
華厳滝・霧降滝とともに日光三名瀑のひとつに数えられる。かつて滝の裏側から滝を眺めることができたので、この名がある。1689(元禄2年)年にの滝を訪れた松尾芭蕉は「奥の細道」に「暫時(しばらく)は滝に籠(こ)もるや夏(げ)の初(はじめ)」の句を読んでいる。

 日光市役所ホームページより

 滝の高さは19メートルでそれほど大きくないですが、新緑の時期や紅葉の時期などはとても味わい深い滝だと思います。駐車場も整備され、滝への道も木道が整備され安全です。滝を見るところもテーブルと手すりのあるテラスになっていて、お弁当を広げながら滝を見ることもできます。以前にこの滝を訪れた時は木道などなくて、どうやって滝まで行ったのか今となっては見当もつきません。
 駐車場から10分程度で着きます。  危険なので滝の裏側へは行けません。
  滝への道はたいへんよく整備されています。
 裏見の滝左側にある荒沢相生滝
   
  寂光の滝   場所はここをクリック

 高さ50m、幅6m、7段に別れて落ちている。昔から名瀑として知られ、「布引の滝」、「七滝」などの別称を持つ。「寂光瀑布」として「日光八景」のひとつに数えられている。(案内板から
 
 120号をいろは坂方面に向かい、田母沢御用邸を右に曲がります。先に進むにつれ、道は細くなりますので、対向車に注意してください。道の突き当たりは広場になっていて駐車できます。

 すぐ近くに若子神社(じゃっこじんじゃ)があり、その左手を下りていくと滝が見えてきます。
 訪れる人も少なく、まさに寂光の滝でした。

 
 寂光の滝全景  滝の見えている部分は五段のようです。
若子神社(じゃっこじんしゃ) 若子神社の裏手すぐに滝が見えます。